<装着変身のレビュー部屋へ戻る
<玩具レビューのTOPに戻る。

装着変身 仮面ライダー電王
ソードフォーム

 
 参上!!

 (あのBGM:♪チャラッチャッチャチャ〜、チャララ〜♪)
 ようやく定番の決め台詞とポーズにたどり着きました。いやあ長かった!!

 そんなわけで、モモタロスが憑依したソードフォーム。
 イマジンが憑依するとプラットフォームに装甲と仮面が追加されて、良太郎は声だけの人に。戦闘はイマジンが行います。
 今までの装着変身だと、剣とか滅茶苦茶短かったりでがっかりしたキャラもいたのだけど、この電王の武器やアーマーの出来はよいので満足です。

 愛用マシンは"マシンデンバード"。
 さらに時を駆ける列車、"デンライナー ゴウカ"がある。デンライナーには爆弾やミサイルが標準装備されていて、暴走し巨大化したイマジンと互角に戦うことが出来る。
 おそらく武装やマシンの派手さは、今までのライダーでピカイチではないでしょうか。
 そんなわけで反撃開始!!
 ソードフォームのアクションはモモタロスらしく、とにかくアグレッシブ。
 劇中では頭突きや前蹴りを頻繁に使ってました。
 付属のライダーパスを持たせて、ベルトのバックルにあててエネルギーをチャージすれば…

 モモタロス
「行くぜ、俺の必殺技パート2!」
 剣先がかっ飛んでどこまでも相手を追いかけ切り裂く"エクストリームスラッシュ"が発動する!!
 モモタロス自身はこの正式名称?を言わず、劇中でずっと「俺の必殺技パート○!!」としか言わなかった。
 玩具では剣先を外すことができないので…無理やり隠して雰囲気を出してみました。

 てなわけで、仮面ライダー電王 ソードフォームでした。