×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<武装神姫のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

天使型MMS アーンヴァルMk.2

 
2010年7月に、ゲーム『武装神姫BATTLE MASTERS』の特典としてセット発売された武装神姫です。
キャラデザインは島田フミカネ先生。
第一弾ととして発売されたアーンヴァルの改良型という設定です。
のちに放送されたTVアニメ版では『アン』という名前で登場。主人公として活躍しました。
ちなみに私はゲームを購入しなかったので、2014年に某所で未開封のものを見つけ購入。
アニメを見てからすごく欲しくなったのですが、その時にはもう遅かったのですね(苦笑)。
それだけに購入できたときにはほっとしました。

というわけで、アーンヴァルMk.2の前と後ろ。
白を中心に、清楚なイメージでまとめられています。

 


顔パーツは3種類付属。
上段左:すまし顔。口元にリアルタッチマーカー・ピンクを当てています。
上段右:叫び顔。
下段:目を閉じた顔。これも口元にリアルタッチマーカー・ピンクを使用。

TVアニメを見た後では笑顔パーツがほしくなるのですが、今となってはムリですね…。

 
髪パーツはアニメ版で使用されていたもののほかに、とがった感じのポニーテールが付属。
後頭部の穴に接続することができます。
また、穴の開いていない後頭部も付属。ショートカットも再現できます。
最初はアニメ版をイメージしていたのですが、写真を撮っているうちにショートカットにはまってしまいました…。


アーンヴァルMk.2「張り切って!!武装開始ですっ!!」

 
武装したアーンヴァルMk.2、前面と背面。
こちらは『モード:ペガサス』と呼ばれる武装になります。
背中のユニットが重いので、スタンドを使用して立たせています。

 
背中のユニットと武器を組み替えて『モード:ユニコーン』に。
スタンドを使っていますが、ユニットが下向きになるので、スタンドなしで立たせることもできます。
腕に装着した武器が重すぎてへたってしまうのですが、そこは気合で(苦笑)。

 
背中のユニットを組み替えて支援機『ラファール』に組み替えることが可能。
こうしてみてると、「ダブルオーガンダム」をイメージしてしまうのは私だけ?

ここからは武器の紹介です。
 


まず、『M8ライトセイバー』
グリップが2本付属し、クリアブルーの刃が3種類×2本ずつ、計6本付属します。
グリップを連結してナギナタ風にすることも可能。


サブマシンガン風の武器『アルヴォPDW11』。2丁付属します。


『GEモデル LC5 レーザーライフル』。
腕の装甲に装着します。


『アルヴォPDW11』と『GEモデル LC5 レーザーライフル』を中心に組み合わせて、
『GEモデル LS7 レーザーソード』に。
すごく格好いいのですが、同時にすごく重くてポーズに苦労します(苦笑)。


盾の『ディコ・シールド』。


ビットの『ココレット』(上2個)、『リリアーヌ』(下2個)。
アニメ版でも結構使っていたように記憶しています。

 

 


ライトセイバーを連結させてみると、今度は「フリーダムガンダム」ぽく見えてきました。
アーンヴァルMk.2「それでも、守りたい世界があるんだ−!!」
なんて、阿澄佳奈さんの声で心の中でこっそり言わせてみたりする(苦笑)。


最後は背中のユニットを外して、ライトアーマー風に。

 
足の装甲についていたパーツは、ナイフとして手に持たせられます。


アーンヴァルMk.2「武装神姫は2015年で9周年!私、頑張りました!!」

以上、武装神姫9周年目のアーンヴァルMk.2でした。
超久々の武装の組み付けに悪戦苦闘しましたが、同時に武装神姫ってこうだったんだ、と再認識。
残念ながらコナミからの発売は終了してしまいましたが、コトブキヤからプラモデルとして武装神姫が発売される予定とのこと。
これまでの神姫を楽しみつつ、新しい展開を期待しようと思います。

<武装神姫のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る