<武装神姫のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

第8弾 戦闘機型MMS 飛鳥(あすか)


2008年4月に発売された武装神姫です。キャラデザインは島田フミカネ先生。
プロペラ戦闘機と巫女さんを組み合わせてあるという、結構すごいデザインの武装神姫だと思います。

 
顔のアップ。おかっぱな髪型がなかなか素敵です。
(写真左)顔パーツは口を真一文字に閉じた顔と、
(写真右)かすかに口元が笑った顔の二種類が付属します。

…え、両方とも同じに見える?はい、私もそう思います(苦笑)。
口元の彫りが浅いため、このままではどっちも同じ顔。
べっぴんさんなのに、勿体無いと思いませんか!とりあえず私はそう思った!
なので↓

 
口元の溝に色をつけてみました。
ガンダムマーカー、略してガンマカの「ガンダムレッド」を爪楊枝の先につけて、そっとなぞってみました。
(写真左)改めて、口を真一文字に閉じた顔と
(写真右)かすかに口元が笑った顔の写真です。光の具合でわかりにくけど、笑ったほうの顔パーツの頬には、ガンマカの「蛍光ピンク」を爪楊枝でほんのり載せてあります。


飛鳥「では気を取り直して、武装開始!!」

 
胸部分を差し替えて、付属品の「拡張ハンガー」でスカート部品を装着させたところ。
うーん、どこから見ても立派に巫女さんです。このまま飾るのもありかな。

  
さらに前髪を取り替えて、背中にランドセル風の推進器と翼、プロペラをセット。
足も別パーツに差し替えます。このパーツ、膝を曲げると着地用の車輪が露出します。ウマイですね。
ゴーグルは残念ながら動かせません。

 
(写真左)腕に取り付けるパーツ。左側の通常腕と、右側の機関銃は左右の区別が無いので、お好みで好きなほうに。
(写真右)とりあえず私は右手を通常腕、左手を機関銃にしました。

 
ここからは武器紹介。
腕に装着されているのは、「三十七式一号二粍(ミリメートル)機関砲」

 
接近戦用の武器「霊刀 千鳥雲切」もあります。


その他付属武器。
@オプション用翼パーツ。好きなところに装着できます。
A投下式増槽。どんな風に使う武器なのでしょうか?ちょっとわからなかったです(苦笑)。
B三六式航空爆弾。2発付属。翼に装着できます。
Cflak17 1.5mm機関砲。2丁付属。翼に付けられるほか、グリップを引き出して手に持たせられます。


投下式増槽以外の武器を全装備!!
嵐のような火力で敵をなぎ払え!!


飛鳥「ふふふ、他の武装神姫やBB戦士と話をするのが楽しみだな…」

飛鳥は、ちょっとした手直しをした最初の武装神姫となりました。
顔の手直しをすると、今度はアーマーのスミ入れとか、他の武装神姫の塗装とかしたくなってきました。
うーん、キリがなくなりそうで怖い(苦笑)。
でも手直しした顔を使って写真を撮るのは、自画自賛かもしれないけど、滅茶苦茶楽しかったです。
今後も機会があったら、少しずつ試そうと思います。


※おまけ※
(2010年2月22日追記)

レビューの後、また少し手直しをしたので写真を追加しました。


飛鳥「ふふっ、前のレビューの私より強そうに見えるかな?」

武装パーツに、ガンダムマーカー(スミ入れ用)でスミ入れをしました。
グレーっぽいパーツにはスミ入れグレー、赤いパーツにはスミ入れブラウンを使用。
武装パーツのメカメカさが強調されて、引き締まったと思います。


背面。
全パーツスミ入れにかかった時間は、1時間半くらい。
ガンマカ二本とはみ出た部分をふきとるティッシュがあればできるので、皆さんもよかったらいかがでしょうか?


笑顔のほっぺたは、以前ぬっていた蛍光ピンクを落とし、リアルタッチマーカー・ピンクの先端を軽く当てています。
少し笑顔が明るくなった…ように見えれば幸いであります。

<武装神姫のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る