<改造BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

改造BB戦士 土方歳三ノワール
〜製作日記〜



ここからは、土方歳三ノワールを作ったときに使ったパーツなどを紹介します。

写真は、色を塗る前の土方。
このとき背中についていたのは趙雲の羽飾りで、名前も「土方歳三ヒャクシキ」でした。
曹丕の背負い物をつけたときに、「あ、なんとなくストライクノワールっぽくなった」と思い、現在のルックスと名前に変更。

塗っていく色は、黒と金を主に使い、アクセントに銀と赤を足していくことにしました。
使った塗料は、

黒→タミヤカラー・ブラック
金→ガンダムマーカー・ゴールド
銀→ガンダムマーカー・メッキシルバー
赤→タミヤカラー・レッド

仕上げに、水性トップコート・つや消しを吹き付けました。
しかし、吹き付けすぎてちょっと小汚く…。次に作るときは気をつけようと思います。




顔と上半身に使ったパーツ。

顔…周瑜ヒャクシキの顔・周倉ドーベンウルフにある余りのチョンマゲ・劉備ガンダムの髪の毛・趙雲ガンダムの面当て
目…関羽ガンダムの黒目・市販のホイルシール
上半身…陸遜ゼータプラスの上半身・張飛ガンダムの上半身鎧

 
チョンマゲは本来(写真右)のように穴が開いているんだけど、作るときどーしても気になったので、土方ではタミヤの「高密度パテ」でふさいであります。
あんまりきれいにふさがっていませんね(苦笑)。

 
首は短いと感じたので、パテを使って伸ばしてあります。
もともとついていたピンを切り落としてパテで伸ばした後、ピンバイスで穴を開けてあります。
そして頭に「ウェーブ BJ−06」(6ミリのボールジョイント)をはめて接続するようにしました。

 
腕…ストライクノワールの腕

ストライクノワールを作った方はご存知かと思いますが、普通に組み立てるとこのキットに三国伝系の手首をはめ込むことはできません。
そこで、(写真左)の○で囲んだ部分に、(写真右)の「ウェーブ PC−03プラサポ」(3ミリのピンがはまる)の、筒状のパーツをキットのポリパーツの代わりに入れました。筒の長さはニッパーで切り落として調節。
これで、三国伝シリーズの手首を改造せずに入れられます。

 
ストライクノワールの腕を三国伝系の胴体につけるため、上半身の中には「ウェーブ BJ−05」(5ミリのボールジョイント)を入れてあります。
これによって、腕を上下前後にある程度スイングさせることもできます。
腕と胴体の隙間隠しに、ジャンク品のポリパーツを輪切りにしてかぶせてあります。

あと、張飛の鎧の襟部分は、肩との干渉を避けるため半分カットしています。


下半身…夏侯惇ギロスの下半身・関羽ガンダムの膝・張飛ガンダムの左足(2個)

ギザギザ模様が入っている部分は上手く塗れなかったので、夏侯惇のシールを使用。
ストライクノワールの腕は三国伝系にたいして長すぎるので、関羽・張飛のパーツで足を長くすることでバランスをとっています。

 
「爆定(はぜさだ)」…ミニプラ シンケンオーの刀の刃・劉備ガンダムの刀の鍔・曹操ガンダムの剣の柄。

それぞれ必要な部分を切り落とした後、瞬間接着剤でつなげました。


夜叉鴉の外套(やしゃがらすのがいとう)…曹丕ガンダムの背負い物。

 
羽根のピンを切り落として穴を開け、「コトブキヤ 球体ダブルジョイント(S)」を差し込んであります。


これによって、羽根を水平にそらせることもできるようになりました。


〜最後に〜
今回仕上げのつや消しスプレーに失敗して、吹きムラがくっきり残ってしまいました…。
ちなみに現在、沖田総司と近藤勇を作っています。
今回の、他にも至らなかった点に気をつけて作りたいです。

<改造BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る