×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<改造BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

改造BB戦士 ジャンゴ
〜製作日記〜



ここからは、ジャンゴを作ったときに使ったパーツなどを紹介します。

写真は、色を塗る前のジャンゴ。
名前の由来は映画「スキヤキウエスタン ジャンゴ」から。この映画の、敵がガトリング砲で暴れる場面が好きだったのでガトリングつながりで命名。
「幕末の偉人とか関係なく、大艦巨砲主義なゴテゴテした戦闘マシン的なキャラを気軽に作りた〜い!」
と思ったのが、作るきっかけでした。

おもに使ったパーツはBB戦士のストライクノワール・ヴェルデバスターと、1/144のガンダムレオパルドDのもの。
このあと、頭のアンテナ?パーツを市販パーツに置き換えたり、細かい部分に市販パーツを瞬間接着剤で貼ったりと微調整していきました。

塗っていく色は、管理人思い出のBB戦士「コマンドガンダム」をイメージして、緑色をメインに使っていきました。
使った塗料は、

緑→タミヤカラー・ディープグリーン
金→ガンダムマーカー・ゴールド
灰色→タミヤカラー・ジャーマングレイ
赤→タミヤカラー・レッド(つやあり)+フラットベース

仕上げに、水性トップコート・つや消しを吹き付けました。

しかしアップで見ると、塗りきれていない部分がちらほら…。
気軽に楽しく作れたという点では合格でも、見せるという点ではイマイチですね。



顔と上半身に使ったパーツ。

顔…ヴェルデバスターの顔
マスクをはめ込む穴をエポキシパテでうめて平らにした後、コトブキヤのモールドパーツを組み合わせたものをかぶせました。

胴体…ストライクノワールの胴体・バックパック・足

 
バックパックには余っていたガンプラのポリキャップをはめて、ストライクノワールのアームを接続しました。
このアームに、ヴェルデバスターの銃火器をはめています。
銃口を前後に限らず、横に向ける、という動作もできるようになりました。

 
腕・肩…1/144ガンダムレオパルドDの腕・肩

ストライクノワールの胴体に、そのまま取り付けられました。
肩の排熱ダクトはコトブキヤの「ダクトノズルU」をはりつけてあります。
しかし塗装が荒くて、スミマセン(苦笑)。
肩のショルダーキャノンは、元のキットの銃口の上にコトブキヤ「丸モールドV」をはりつけています。

 
写真は、元のキットの腕パーツの銃口。
個人的にもう少しボリュームが欲しかったので、次のパーツを使いました。

 
(写真左)コトブキヤの「ガトリング」。その名の通り、ガトリングガンの銃口をイメージしたパーツ。
右腕の元の銃口を削り落として、瞬間接着剤で貼り付け。
(写真右)ウェーブの「Z・バーニア」。噴射口をイメージしたパーツで、今回はこれを銃口に見立てて使用。
もとの銃口の上に、そのまま貼り付けました。

 
あと、腕パーツにある細い銃口には(写真左)のウェーブ「U・バーニア フラット」の、一番小さいリングを瞬間接着剤で貼りました。
(写真右)が、それぞれのパーツをはりつけた直後の写真です。

 
あと、もとのキットについていた接続ピンを切り落とし、大きさのあうウェーブの「I・チップ(台形)」(写真右)を上から貼っています。
上の写真の灰色の部分です。

 
肩に装着するオプション武器:1/144ガンダムレオパルドDのもの。

ツインブラスターの銃口は、もとの銃口を切り落としてコトブキヤ「丸モールドV」をはりつけています。
ミサイルのフタ部分の塗装がはげている…。ゴメンナサイ。


あと、ストライクノワールの胴体そのままなので、股間にfigmaのスタンドを接続して飾ることが出来ます。


〜最後に〜
ダクトやモールドパーツを組み合わせて、ゴテゴテ感を作っていくのが楽しかったです。
楽しかったですが…。塗装が荒かったり、バリが目に見えて残っている部分があるのはいけませんね。
今後プラモを作るとき、気をつけたいです。

余談ですが、必殺技の「ビリビリクラッシュメン」および口癖の「クラッシュメン」というのは、GLAYの歌の題名からとっています。
サビで「♪あの太陽を奪いつくせー!!」という、パンチの効いた歌詞がシャウトされる歌です。

<改造BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る