<装着変身・S.H.Figuartsのレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

S.H.Figuarts
仮面ライダーカブト


カブト「おばあちゃんが言っていた。俺は天の道を往き、総てを司る男、天道総司だ」

みずからを「天の道を往き、総てを司る男」と名乗る青年、天道総司が変身する仮面ライダー。
超高速移動能力「クロックアップ」を駆使し、人間に擬態して暴れまわる謎の怪物、ワームと戦う。
決め台詞は「おばあちゃんが言っていた」からはじまる、おばあちゃんの教えの数々。
何をやらせてもそつなくこなす天才。とくに料理にはかなりこだわり、その腕も確か。

 
仮面ライダーカブト、前面と背面。
TVのものより、かなり細身かつシャープにデザインされています。
賛否両論あるかもしれませんが、天道総司を演じた水嶋ヒロさんのシャープな印象を思うと、これはこれで味があると思います。

 
顔のアップ。正面と側面。
せり出した角がなかなか男前。目もクリアパーツで綺麗です。

 
付属する替え手首。
(写真左)上から開き手、握り拳、武器を持つ手。
(写真右)さらにカブトの決めポーズ「天を指す」ための右手首が付属します。おばあちゃんの教えをバシバシ言わせて遊びましょう。


ベルトに装着されてる変身アイテムの「カブトゼクター」。
さすがにボタン・レバーは動かせないです(苦笑)。


携帯武器のカブトクナイガン。
引き金を引けば銃。銃身を持てば斧。引き金部分を外せば短刀になる万能武器。
こちらの塗装も抜かりなし。

 

 

 
アクションもビシバシ決まります。「さすがフィギュアーツ。惚れ惚れするわい」って唐揚げ三郎のおばあちゃんが言ってました。
…というのは冗談ですが、唐揚げ三郎は惚れました。デザインが一番好きなライダーなもので。


起動音声:「1・2・3」
カブト「ライダーキック!」


起動音声:「ライダーキック!!」

カブトの必殺技は、カブトゼクターのボタンとレバーを操作したあと、敵に渾身の回し蹴りを叩き込むライダーキック。
操作するたびにカブトゼクターから音声が流れます。もちろんフィギュアーツでは流れないので、心の中でこっそり呟きながら蹴りポーズをとらせてみました(笑)。
バランスをとらせれば、ご覧のとおり支えなしでもキックのポーズが取れます。

 
最後に、2006年に発売された装着変身版カブト(写真右側)との比較。
頭身はもとよりアーマーの形が、変わってないようで結構変わっています。
装着変身版のデザインも決して悪くないけど、一部のパーツが動かすうちにポロポロとれてしまうという欠点が。
ポロリもなくなり、思い通りのポーズがストレス無くとれるようになったフィギュアーツ版カブト。カブト好きにおすすめです。


<装着変身・S.H.Figuartsのレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る