<リボルテックのレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPページに戻る

北斗の拳REVOLUTION
No.001 ケンシロウ



ケンシロウ「俺の墓標に名はいらぬ!!死すならば戦いの荒野で!!」

説明不要の有名漫画「北斗の拳」が、2008年にアクションフィギュアとなって帰ってきました。
私は漫画版ではまりました〜。いつかアクションフィギュアにならないかと切望したいたわけですが、リボルバージョイント入りのお手ごろ価格でついに発売されました!!

  
(写真左)(写真中央)
立ち姿の正面と背面です。筋肉表現や衣装が丁寧に再現されてます。どこからみても立派な北斗神拳伝承者。
こういう肉体派な漫画・アニメの主人公って最近見ませんね。

(写真右)リボルテックシリーズでおなじみの、リボルバージョイント付きの簡易スタンド。
腰の穴にさせるほか、足の裏の穴にはめられます。
スタンドを使わなくても立たせる事はできますが、スタンドを使ったほうが安全ですよ。

 
顔のアップ。
左側の静かな表情と、右側の叫び顔が付属。
どちらもちゃんとケンシロウになってると思います。

 
(写真左)その他付属する部品です。手パーツは、上の写真ではめてる握り拳を含めて全部で5組になります。
@ヌンチャク。手に持たせられます。
A秘孔をつくにはかかせない指差し手。
B手刀をイメージした平手。
Cヌンチャクを持つ手。
D指を開いた手。

(写真右)右肩は、プロテクターをはめたものに差し替えることが出来ます。

 
リボルテック特有の「リボルバージョイント」で幅広い可動範囲を持つけど、慣れるまで時間がかかります…。
とくに太ももあたりの可動が独特で、足を開いたポーズをつけるのが大変!
なのでどうしても上半身の写真が多くなってしまいました。

  
ヌンチャクはホントに鎖でつないであるので、動きのあるポーズは付けにくいです。

 
頑張って下半身を使った写真も撮ってみました。

 
そしてこれを忘れちゃ『北斗の拳』じゃありません。秘孔突きアクション!
「北斗百裂拳!!」


ジード団「そんな攻撃は痛くもかゆくもない!」
ケンシロウ「お前はもう、死んでいる」
ジード団「なっ」


人体爆裂!!
ケンシロウ「ついでに写真を細工する秘孔もついておいた。モザイクはもう、かかっている」

爆裂後のジード団の写真は、こちらのレビューからどうぞ(残虐なのでご注意を)


セイバー「まさか伝説の北斗神拳と戦う日が来るとは…」
ケンシロウ「俺もアーサー王と戦う日が来るとは思わなかった」

またまた勃発、自宅聖杯戦争!!
セイバーさんがでかすぎる気もするが、それはあれだ、
『強い戦士は闘気で身体が大きく見える』
という、少年ジャンプのお約束で乗り切るべし。

動かし方にクセがあるので、慣れるまで時間がかかるかもしれません。
実際自分もまだ慣れてないけど、思うようなポーズがとれたときは楽しさ抜群!
後続の北斗キャラと合わせて、我が家を世紀末にします!!そして他の作品のキャラとももっと戦わせたい!!
…そのためにもポーズの練習しないと(苦笑)。

<リボルテックのレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPページに戻る