<装着変身・S.H.Figuartsのレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

S.H.Figuarts
仮面ライダーコーカサス

  
仮面ライダーカブトの映画版「GOD SPEED LOVE」に登場した仮面ライダー、コーカサス。
K−1の武蔵選手が変身前の黒崎一誠を演じました。
圧倒的な力を見せつけたライダーが、装着変身から進化したS.H.Figuarts(エスエイチフィギュアーツ)でついに商品化!

(写真左)(写真中央)仮面ライダーコーカサスの前・後ろ。
身体のバランスはいい感じですが、演じた武蔵選手の体型を考えると腕と足はもう少し太くても良かったかもしれませんね。
(写真右)顔のアップ。目に当たる部分は特徴的な模様が再現されています。
『バンダイの可動フィギュア技術を凝縮した新スタンダードフィギュア』の名に恥じない、丁寧な仕上がりです。

 
(写真左)右腕には変身アイテムのカブティックゼクター、
(写真右)腰には掟破りの超スピードを生み出す強化アイテム、ハイパーゼクターが装着されています。

 
(写真左)手首パーツは全3種類。上から順に
・トレードマークの青いバラを持つ手(左右)
・握りこんだ手(左右)
・開いた手(左右)
になっています。
(写真右)トレードマークの青いバラは、一輪付属します。

 
(写真左)従来の仮面ライダーフィギュアの定番「装着変身」から可動が見直され、足首とつま先が曲げられるようになりました。
(写真右)おかげで、映画で初登場したときの正座もバッチリ出来ます。

 


 
(※2段目左の写真のスタンドは別売りです)
フィギュアーツの可動範囲が広いので、いろんなポーズが思いのまま。すごいぜ、バンダイ!!
格闘家が演じたライダーだけあって、格闘技的なポーズが似合いますね。
最強の仮面ライダーらしく、堂々としたポーズをいろいろつけて遊びまくり写真を撮っていたら、枚数がものすごいことになったため、レビューにあたり泣く泣く削除しました。(笑)。

さて、ここから下は映画版のクライマックスのそれっぽい(苦笑)再現を。
(※カブト・ガタック・ハイパーカブトは別売りの商品です)


ZECTの真の陰謀を止めるべく、軌道エレベータに再び乗り込んだカブトとガタック。
その前に仮面ライダーコーカサス(黒崎一誠)が立ちはだかる!!


コーカサス「私の薔薇に彩(いろど)りを加えましょう」


「裏切り者の赤い血と、屈辱の涙を…!!」


 
ハイパーゼクターによる超スピードにほんろうされ、なす術もない二人。


やられそうになったカブトを救うべく、ガタックは自分を犠牲にした!
ガタック「天道ーっ、今のうちにハイパーゼクターを奪うんだー!!」


奪ったハイパーゼクターでパワーアップしたカブトは、宇宙空間でコーカサスとの最終決戦に挑む。
そしてこのあとカブトは、ある決断を……。

…続きはレンタルDVDなどで、ぜひ(苦笑)。


「GOD SPEED LOVE」は個人的にお気に入りの映画なので、コーカサスの商品化は嬉しかったです。
フィギュアーツの可動範囲もよいので、とにかく格闘ポーズが冴えます。
殴り放題、蹴り放題。いろんなヒーロー・ヒロインと戦わせて、バラに彩りを加えまくるべし!
てなわけで最後にオマケ↓。



毎度おなじみ、自宅聖杯戦争!!
コーカサス:
「サーヴァントの血を加えたら、さぞ美しいバラになることでしょう」

セイバー:
「北斗神拳に続いて、まさかK−1の武蔵選手そっくりの仮面ライダーと戦う日が来るとは…。
…そろそろ限界なので、私にも誰か味方をくださいっ(切実)」


<装着変身・S.H.Figuartsのレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る