<改造BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

改造BB戦士 沖田総司ガンダム
〜製作日記〜



ここからは、沖田総司ガンダムを作ったときに使ったパーツなどを紹介します。

写真は、色を塗る前の沖田。
このあと面あての一部を切り落としたり、手甲のパーツを他のものにとりかえました。

塗っていく色は、白と青を主に使い、もともと白い色のパーツは色をなるべく生かすことにしました。
使った塗料は、

青→タミヤカラー・ブルー+ホワイト
藍菊十一文字の鞘→タミヤカラー・ロイヤルブルー+シルバー
白→タミヤカラー・ホワイト+フラットベース
金→ガンダムマーカー・ゴールド
銀→ガンダムマーカー・メッキシルバー
赤→ガンダムマーカー・ガンダムレッド

仕上げに、水性トップコート・半光沢を吹き付けました。
ある程度つやが残って、オシャレ感が出せた…かな?


 
顔に使ったパーツ。

顔…曹丕ガンダムの顔・劉備ガンダムのチョンマゲ・周瑜ヒャクシキの髪の毛・関平ガンダムの面当て
目…関平ガンダムの目

関平ガンダム面当ては、ニッパーとデザインナイフで一部を切り落としています。(参考:写真右)
少しでも小顔に見えるように、アゴまわりをデザインナイフで削ってみました。

 
上半身と下半身…周瑜ヒャクシキのもの

首周りはもともと合ったピンをきりとばし、(写真右)の3ミリプラ棒と「ウェーブ PC−03プラサポ」の組み合わせを首元に埋めて、
「タミヤ 高密度パテ」でまわりを囲いました。

下半身の波形の模様はデザインナイフでけずり、周瑜ヒャクシキのシールを貼りました。

 
腕…司馬懿サザビーの肩・趙雲ガンダムの肩鎧・曹操ガンダムの腕・周瑜ヒャクシキの手甲

曹操ガンダムの腕にもともとついていた、肩への接続ピンを切り落としてピンバイスで穴を開け、
「ホビーベース 関節技 球体ジョイント ピュアホワイト」を瞬間接着剤でとりつけました。
肘が曲がるようになり、背中の刀を引き抜く動作が出来るようになりました。




足…陸遜ゼータプラスのつま先・趙雲ガンダムのスネ

趙雲ガンダムのスネはつま先への接続ピンを切り落として、「ウェーブ I・チップ(台形)」を瞬間接着剤で接着。
台形のチップの真ん中にピンバイスで穴を開け、3ミリプラ棒をその中に仕込みもう一回瞬間接着剤。
足を少し伸ばすことが出来ました。


藍菊十一文字…白凰頑駄無(はくおうがんだむ)の刀の刃と鞘・曹丕ガンダムの剣の柄

鞘と柄は一部のピンを切り落としてあります。


鞘にもともとついていたピンに、曹丕ガンダムの剣に装着するパーツ(↑の黄色いの)を
瞬間接着剤でとりつけ、背中に取り付けられるようにしました。
(鞘にもともとついていたピンだと、沖田の背中にはゆるゆるだった)


最後に、土方歳三ノワールとのツーショット。

土方を「関羽のスネ+張飛のつま先」で大きめに作ってしまった分、沖田がどうしても小さく見えてしまって困りました。
首元とスネを伸ばしたことで、身長が少し伸びてうまい具合に「弟分」なサイズになったと思います

次回は近藤勇か、坂本竜馬の予定です。
坂本竜馬は新撰組じゃないけど、管理人が「竜馬がゆく」を読み始めた記念にひとつってことで、どうすか?
(誰に聞いてるんだ!?)


<改造BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る