<BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る

BB戦士bR15
周瑜(しゅうゆ)ヒャクシキ


周瑜「私は周瑜!長沙軍のえらーい人だ!」

周瑜ヒャクシキは↑の台詞のとおり、長沙軍の水軍を編成したすごーく頭の切れる軍師です。
映画「レッドクリフ」でトニー・レオンがやっていた武将でもあります。

  
(写真左)(写真中央)
軽装状態の前・後ろ。
元のパーツで黄色になっている部分を、金色に塗って仕上げました。
可動はぐりぐり動かせる三国伝仕様。劉備ガンダムと同じく(写真右)のようにチョンマゲを動かせます。
目は写真のもの以外に、サングラス風の目シールを貼ることが出来ます。選択式なのでもう1個買おうとも考えましたが、いずれまたの機会に。

周瑜には通常の右手のほか、後述の天雷火砲(てんらいかほう)のトリガーをひく場面をイメージさせる、独特の形をした手首が左右分、全3個の手首が付属します。
(いくつかの写真は、他の三国伝キットの平手を使用しています)

 
(写真左)(写真右)鎧を装着した周瑜の前・後ろ。
青いクリアパーツが美しい…。まさに「白金の麗将」の名に恥じない格好良さ!
ただ、チョンマゲとバックパックのせいで後ろにちょっと倒れやすいです。
上半身を覆う羽織物風の鎧及び下半身の一部塗装は、パッケージのものと違いガンメタルを使っています。
「ひなたちき」様の周瑜ヒャクシキの塗装を参考にしました。

 
周瑜の武器は、最初の写真でも構えていた幅広の長刀「白虎刀(びゃっことう)」と、↓

 
バックパックの飾りを組み合わせてできる弓「白爪弓(はくそうきゅう)」。矢も付属します。
トリガーをひく場面をイメージさせる手首は、矢をつがえさせてもバッチリです。

これだけでも十分強い周瑜。さらに、一撃必殺の切り札が…。


周瑜「『天雷火砲(てんらいかほう)』を!
    側舷より奴らの大型艦をたたく!」
部下「ハッ!」

 
天雷火砲の収納形態、正面(写真左)と側面(写真右)。
長沙軍のシンボルである虎をあしらったこの大砲に、周瑜の武器・鎧を組み合わせると…↓

 
発射準備完了!
天をも焦がす凄まじい閃光の矢が放たれるっ!!
キット付属の漫画では、これで曹操軍の大型艦隊を全滅させました。

 
(写真左)(写真右)天雷火砲発射形態、別角度から。バックパックを背部に装着して、手に握らせることが出来ます。
専用の手首が良いアクセントになりますね。


周瑜「我々はもはや、後戻りの出来ぬ決戦への矢を放ってしまったのだ…」

天雷火砲で曹操軍の艦隊を蹴散らし、勝利に沸く長沙軍。
だが周瑜は、これはあくまで前哨戦であり、真の決戦がこれからはじまることを確信していた。
決戦―後の世に言う、赤壁の戦いである。
長沙軍、そして彼らと同盟を結んだ劉備たちの運命は!?



おまけ

矢の軸部分を手に持たせられるので、映画「レッドクリフ part1」の
「自分に当たった矢を引き抜いて、敵に突き刺そうと飛びかかる」
周瑜の勇姿を、周瑜ヒャクシキでも再現してしまいました(笑)。
頑張って仕事して、part2も見に行きます、必ず!!

<BB戦士のレビュー部屋に戻る
<玩具レビューのTOPに戻る