ブログ一覧

四次元たてましブロック

 のび太くんの泣き顔と聞いて真っ先に思い出すエピソードが、ひみつ道具「四次元たてましブロック」のエピソードです。

 このひみつ道具、見た目は家の形をした積み木で、1階と2階の間に部屋のブロックをはさむと、のび太の家の外観はそのままに、あらたな2階(空き部屋)ができて3階建てになる、というもの。
 間にブロックをはさめばさらに部屋(階数)を増やせるため、のび太はドラえもんの留守中にこのブロックで増やした部屋をみんなに貸し出すことにします。有料で。
 しかし、ドラえもんが帰ってくる前にママがこのことを知り大激怒。
 慌てたのび太はブロックをどんどん積み上げ、超高層ビルなみの高さにしてママから逃れます。どこまでいっても終わらない階段を上り続けたママは。疲れすぎて倒れました。
 超高層ビルなみに高くなった自室に満足するのび太。そこでトイレに行きたくなり、恐ろしい事実に気づきます。

 トイレは1階にしかないうえに、降りる手段が階段しかないことに…。

 かくして、終わらない階段を降り続けたのび太は力尽きてしまい、絶叫。
 「わあ、間に合わない!!」
 ママの前で大放水。そしてドラえもんが最後の一言。
 「だからいったのに!!」

 この漫画版エピソード、今でも我が家にあるのですが、見るたびに笑ってしまいます。
 1~2階増やして使う分には、とっても素敵なこのひみつ道具。個人的に欲しい道具№1だったりします。
 このエピソード、ラストシーンでのび太がトイレを我慢できなくなるというひどいオチで終わるのですが、アニメ版では果たしてどうなるのか。私は大山のぶ代版は未見なのですが、水田わさび版はおぼろげに見た記憶があります。ラストシーンがほぼそのまま再現されており、部屋を借りていたしずかちゃんが大放水の現場に立ち会ってしまう、というアレンジがされていたような……。
 いずれ大山版とあわせて見比べたいところです。

2021年01月24日

たたかわなければ いきのこれない!!

 タイトルは某特撮ヒーローの次回予告ですが、内容は「Sa・Ga COLLECTION」(Nintendo Switch)の、Sa・Ga2お話です。

 ニンテンドーDSでSa・Ga2のリメイクが出たのが2009年なので、なんと11年後にとうとうオリジナルが帰ってきたことに。
 感想は、もうこのブログのタイトルのとおり!!
 このゲームにはレベルというものがなく、成長は完全にランダム。戦わないと成長の可能性はゼロ。ただし、戦ったからと言って必ず成長するとも限らない。
 リメイク版は成長しやすい印象だったので、オリジナルを遊ぶとかなりハードな印象です。
 …が、これがいいのです。
 立ちはだかる敵を「ロングソード」「ファイア」といったRPGお約束の武器や魔法、「サブマシンガン」「ロケットパンチ」といった硬派な武器を好きなようにそろえて倒す。倒す。強くなるために倒しまくる!!
 とはいえ、慣れないうちは序盤の「ジャガー」にかじられてバタバタ倒れてしまうんですけどね。
 オリジナル版の「きば」の「ガガガッ!!」音は、小学生時代のトラウマであります。分かってくれる方、いるといいなあ。

 遊ぶのに結構パワーのいるゲームですが、その分、主人公たちが成長すると自分も成長できた気がします。
 「スカーレットグレイス」「ロマサガ3(リマスター)」のあとに、オリジナルのSa・Ga2を遊べることをうれしく思います。

2021年01月04日

全面リニューアルしました。

これまで公開していたサイトデザインがさすがに古くなりすぎたので、これを機に全面的にリニューアルしました。
当初の予定からだいぶ遅れてしまいましたが、気に入った玩具をマイペースで紹介したり、ランニングの話を徒然と書いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

 

リニューアル後の初レビューは、『フィギュアーツZERO 竈門炭治郎 -水の呼吸-』となりました。
私はアニメ版から入りました。刀を用いたアクションも、お話も非常に良いですね。
2020年はとにかく「鬼滅の刃」が注目された年で、お笑いのネタとしても複数回取り上げられたとのこと。
個人的にはNHK「LIFE」の、内村光良さんのコントがツボでした。
炭治郎のコスプレをした内村さんが、定価でお惣菜を売ろうとする鬼(店長)に、「全集中 お惣菜の呼吸!!」で立ち向かうのですが、店長を斬るのではなく、ひたすら割引シールを唐揚げやコロッケに貼っていくという。
ちなみにこの時、水の呼吸の再現が個人的に「ウマい!!」と思いました。
再放送や公式配信で見る機会のある方は、ぜひ。
もう、スーパーでお惣菜を見るたびに、内村さんの炭治郎ならぬ「割治郎」の叫び声が再現されてしまって困る(苦笑)。

2021年01月01日